スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

備忘録を兼ねたブログつくってみました

かつての仕事だった高周波技術を忘れていくのがもったいない…と思ったので備忘録を兼ねたブログ「やっぱりアナログ屋」を作りました。

内容もとびとび、更新も不定期だろうと思いますが、興味のある方はよかったら見てください。まだ内容が薄いですが。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

スポンサーサイト

太陽の黒点に変化が…

2008年になりました。11年周期といわれる太陽活動に変化が現れたというニュースが色々な媒体を通して報道されていました。どう変化したかというと、見た目の話で太陽の高緯度に黒点が現れたというもので、これは今まで太陽の赤道に近いところに発生していたことに対する相対的な話ですが、過去の観測記録から11年周期の区切りとして高緯度に黒点が発生を始めたところで新しい周期に突入と捉えているようです。太陽黒点の写真はこちらで見れます。…残念ながら今日現在はその話題の黒点は無いようですが。

身内の家でPLCアダプタを買ったそうで、通信ができないけどナゼ?という電話があり、延長ケーブルを使ってみたらとアドバイスしたらつながりました。速度は10M程度とのこと…まあ測定条件が良く分からないので正確ではないようですが、リビングで寝室のパソコンに保存している写真のスライドショーを見ようとしたら遅くて写真がなかなか出てこないのでガッカリだったそうです。

巷では延長ケーブルを付けると損失が増えるので通信速度が下がる…のような表現でレポートされたりしているようですが、そもそも数MHzという高周波を、それもピンポイントの周波数でなく広帯域で普通の電線で伝達しようとしているわけで、高周波とは切っても切れないVSWR(電圧定在波比)や電力線の特性インピーダンスなどがあまり議論されていない感じがいまだにしています。

一般ユーザーはコンセントに挿せば直流的にはつながるので回線が成立と誤解してしまうのもうなずけます。もちろん通信速度が落ちるとか不安定になる原因はインバータノイズなどスイッチング電源からでるノイズもあるわけですが。

一方PLC機器を開発した人は、想定される電力線の長さ、分岐、使われる線などの組み合わせが多すぎて、高周波に疎いデジタル技術者がかかわり過ぎたことも災いしたかどうかは定かではありませんが(というより高周波技術に詳しい人が少なすぎる)、万能な商品として完成していないとぼやいていました。いち早くデビューさせたいという会社の方針には逆らえなかったのでしょう。

既存の無線LANのほうが速度が出てアダプタも安ければそちらを買ったほうがお得…と身内にはアドバイスをしておきました。我が家は家を建てた後でしたが、撮り貯めた動画を色々な部屋で見たい願望があって、5年ほど前に業者に頼んでカテゴリー6のLANケーブルを各部屋へ引っ張ってもらいましたので、現在は1GでLANが組めています…パソコンが100Mのものもありますが。工事費は材料費を入れて6、7万だったと記憶しています。低速なPLCアダプタを何台も買って不満を覚えるのと、数万円の工事費で1GのLANケーブルで快適な家庭内LANを満喫する…どちらが得か考えるまでもありません。

テレビの同軸一本にVHF、UHF、BSを混合してテレビのところで分配して…など既存の電線や同軸の共有という考え方は新しいものではありませんが、電力線で微弱な高周波を伝達というのは今の何でも電気時代には厳しいのではと思った次第です。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

HA2SXのQSLが届きました

今年の初夏に6mでQSOしたハンガリーのHA2SXのQSLが届きました。忘れた頃にやってくるという感じです。私のQSOした唯一のハンガリーですので嬉しいです。
QSL-HA2SX.jpg

今日CQ誌の12月号が届きました。ソフトウエアラジオ?!の生基板だけが付録でついてきています。作りたいのですが、部品集めが…。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

K7JAさんが出たテレビ番組

以前このブログでK7JAさんからメールが…というのを書いたのですが、yama-yamaさんからコメントをいただき、そのK7JAさんが以前Wのテレビ番組で携帯でメールを送るのと、モールスでコメントを送るのはどっちが早いかというのに出演した番組の画像を見れるサイトを教えていただきました。

初めて見たのですが、余裕のCW勝利。そして堂堂とした感じが日本にはないものだなと感じました。

興味のある方はぜひ見てください。CWのスピードも程々ですので聞き取れる人も多いのでは。

番組を見れるサイトはこちらです

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

CQ誌10月号きました

年間購読をしているので、店頭に並ぶよりちょっと早くCQ誌が毎月届きます。
10月号が今日届きました。表紙にFT-2000のアップが…欲しいです。

記事の中でヘイルサウンド(アメリカのマイクなど音響関係のメーカー)のマーケティング部門の副社長にK7JAという人がなったそうです。

K7JA…聞いたことがあるナァと思いつつ、古いメールを見たら
ありました。K7JA Chip Margelli さんという人です。
6mアンテナの仰角について教えてほしいとメールがきて、何度かやり取りを
した人です。そんなに偉い人とはしりませんでした。

元はアメリカのYAESUの看板みたいな人だったそうで…どうりでメール送信者が「Yaesu Engineering」となっていたわけだ、と納得しました。

確かWのチャットにもたまに顔を出していたような…。

それと59誌も今日届きました。5A7A(リビア)、3C0M(アノボン島)、TN6X、TN0Z(コンゴ)のPedi.があるそうです。久しくHFでマイクに向かうことも無かったので楽しみです。

5Aは11月15日から29日、3C0は10月20日から11月3日、TNは10月末か11月初旬からそれぞれQRVするそうです。

XF4DLも10月17日…今日だぁ…から11月3日までQRVがあるそうです。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

3Y0XとOZ4VVのQSLをcfmしました

忘れた頃に届くQSL…そんな感じでしょうか。
すっかり秋めいて土日に6mを少し聞き、平日は短波放送なんぞを聴いたり20mを聞いてみたり、そんな日が続いてます。


昨日の夜、突然我が家のハブが壊れ、大元の分岐をするやつだったので家中のPCがつながらなくなってしまいました。TVのHDDレコーダーなんかもPCから録画予約をするようになっているので、かなり家中大騒ぎでした。

結局Amazonで8ポートのハブを手配してちょっと不便なつなぎに変更して我慢してます。インターネットが我が家にとってとても大事だということをあらためて知らされました。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

JARLからQSLがきました

すっかり無線機のマイクに向かわなくなってしまいました。良すぎたcondxの後遺症が残っているのかも…。

今日JARLから封筒パンパンくらいでQSLが届きました。
半分はHFのDX、半分は6mのJAs(移動局がほとんど)でした。そんな中、おととし5月末に6mでQSOしたKL7HBKのQSLが入っていました。SSBでQSO、59もらってます。数局と交信の末、F/Oしてしまった記憶があります。

それ以外にこの初夏にQSOしたLY3UMのQSLもSASEが戻ってきました。
ついでなのでスコットランドのGM4NFCとユーゴスラビアのYU1EUと一緒にスキャナーで撮りました。




ここのところ別件で家に帰ると夜な夜なSEO…ロボット型検索エンジン対策のことをやってました。googleとかで上位で検索時にヒットさせることの難しさがわかりました。というか未だにわからないことも多いのですが、簡単にまとめてみましたので興味のある方はSEO対策のページを見てください。







我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

XX9が入ってたんですね…

先ほど実家の国分寺市から戻ってきました。
小雨です。

過去クラスタを見ていたら、XX9マカオが入ってるし…。
う~ん、10年以上QSOしていない。

今週いっぱいはお盆休みですので、昼間も少し聞けそうです。

ハムフェアは行けるか微妙ですが、できれば日曜日AMに行く予定。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

雷激しいです

しばらくブログサボっていました。
で、今日は東京国分寺市の実家です…ということで6mどころか何も聞く事ができません。

EUオープンもなんだか懐かしい思い出になってしまいましたが、ログノートを見るたびに興奮を思い出します。

自宅に戻ったら、のんびり国内移動局を探そうかと思っています。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

EUオープンも終わってしまって…

しばらくブログサボってました。

7月22日昼過ぎにUN8GCとQSOしてから、EUの信号を私は聞いていません。もちろん入感がゼロということではないのですが、一気に終わってしまった感じです。

なんか気が抜けてしまいます。これからしばらくは国内のEs・Sc、近場のDXを6mで楽しもうかと思っています。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。