スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

理科離れと言われはじめた世代は今…

理科離れと言われるようになったのはずいぶん前のことで、今もなお理科離れが進んでいるといいます。その当時の小学生は今大学生だったり会社に就職を始めた世代になっています。

理科離れが進む原因の一つは、ハイテクでありながらハイテクとはわからない素晴らしい品物に囲まれ、苦労せずとも情報も物も友達の輪も手に入るようになったことがあると思っています。

私は高周波電子技術者サラリーマンですが、毎年配属されてくる新卒社員が年を追うごとに電気のこともインターネットのこともパソコンのことも携帯のことも、ホント感心するほどよく知っていると思うようになりました。ところが最先端の技術に携わらせると途端に弱音・弱音・弱音。大学では聞いたことも無いといって業務を拒否しようとする、配置転換を望むなど想像を絶する態度にでる社員もいるほどです。

話を聞くと「やっと入った会社だし、辞めたくはないけいど高周波技術はそんなに好きでもないし自分の時間を大切にしたい」などと言ってのけるわけです。好きな仕事であればやるのかと思うとそうでもなく、そもそも仕事に重きをおけない人種だということが徐々に分かってきました。

理科離れというのも理科が嫌いなのではなく、考えること自体が面倒臭い…それが理科とか数学では表面に顕著に出てしまう科目ということなのでしょう。

いずれにしても身近にいる若い社員は電気が好きでたまらない、家に帰っても電子工作をしたりアマチュア無線に没頭するという人物は見当たらなくなりました…以前は10人に一人はそういう社員が配属されてきました。IT産業は目覚ましい発展を遂げていますが、それはソフト面でありサービス事業での話…それを支えるハードの分野では技術者が極端に不足しているのを肌で感じています。

どこかの人がアマチュア無線は周波数を明け渡して規模を縮小すべきだというのを前にみたことがあります。どうなのでしょう…私はそうは思っていません。世の中のインフラ整備のために周波数が不足していると言われていますが、不足しているのではなく、有効に利用できるような技術開発ができる・考える高周波技術者が不足しているからではないかと…。

自分の携わっている技術は最終的にはインテルの最新CPUを作り、東芝の最新のメモリを製造するための高周波技術であり、アマチュア無線では当たり前の「リニアアンプ」の技術ですが、アマチュア無線で使われる、それも自作の対象にもなっている「リニアアンプ」の技術が産業用にかたちを変えて貢献しています。そして今後もそれは続きます。

理科離れから少し逸れていますが、アマチュア無線は電話ごっこだけでなく、個人が趣味で作った送信機や前述のリニアアンプを試すことのできる唯一の手段であり趣味です。自作を積極的にやらなくても、トランシーバーやアンテナをつないで、動かし、うまく動作しなければ自分で工夫する…高周波を肌で感じることのできる趣味です。原始的にも見えるアマチュア無線…これが半導体の最新技術に直結しているということはあまり知られていません。

現在会社では高周波技術者の中途採用者を募っていますが、条件の一つは「アマチュア無線を本気でやっていた、あるいはやっている」としていますが、ヒットする人材はめったに現れません。高周波技術者が極端に少ないこの状況を打開するためにもぜひともアマチュア無線を通して理科離れを防ぎ、高周波技術者の卵をたくさん育成できるようになってほしいと思っています。このままでは極論かもしれませんが半導体分野のmade in JAPANは厳しくなると思っています。

ちなみに工業大学でゼミをもっている弟も、同じようなことをぼやいていました。専門こそ高周波ではありませんが、ゼミの学生は前述の人種だけになってしまったそうです。就職に有利、論文テーマがわかりやすい?!が、そのゼミを選択した理由だそうで、心底その分野の勉強がしたいという人物は少し前は一人二人はいたそうですが、今は「ゼロ」だそうです。…この世代も磨きのかかった理科離れ世代で、就職予備軍だと思うと恐ろしいと感じてしまいます。

ということで、自分の娘たちと理科の実験や虫の観察、電気の実験を暇な時に楽しんでます。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

Comment

半年遅れのコメント失礼します。

始めまして、FM-8と申します。通信機関係の技術者志望の工業大学の学生です。
当方趣味で無線や簡単な電子工作・ジャンク品の修理、古いパソコンの改造等をしてまして、昔で言うラジオ少年のような事をしています。

ブログを拝見させていただきました。
学生の立場ですが、管理人殿の仰っていることは、身にしみて感じています。

私は大学のパソコン部に所属していまして、今年度は普段の3倍、30人近くの新入部員が入って来たんです。
ところが、最近は専らゲームや漫画等、サブカルチャーの話題が学生の話題の中心で、新入生にいたってはパソコンのパーツや改造の類の話すら全く通じない状態です。
特に驚いたのが、デスクトップ機をセットしたこともない、と言う新人が何人もいたことですね。

ちなみに例年ですと、3~4年に1人くらいはハードウェア、それもパソコンの自作以上の工作や工夫をしている方も居たらしいのですが、ここ数年はゼロです。
おそらく現代のパソコンを使うに当たっては”必要のない知識”になった為だと思われます。
決して新しい分野を馬鹿にするわけではないのですが、理系の部活であるはずが、次第に文系の部活に変化しているようにも感じます。

従って、私は工業大学にいながら、アナログの世界である無線等の話はおろか、電子工作の話すら同世代の学生とは殆どした事はないです。
ただ電子工作はごくたまーに話が出来る人がいるんですが、アナログ回路ではなくマイコン等のデジタルものだったりして、寂しい限りです。

ちなみに、私は”現代のラジオ少年(青年?)”の意地として、卒業研究で「ソフトウェアラジオ」に関する研究をしています。
とはいっても、はっきり言って”通常講義”+”卒研に必要で講義ではやってない分野”を勉強するので、手一杯な状態ですが・・・

長々と駄文失礼しました。

コメントありがとうございました。何か現実を垣間見た感じがしました。私の思っている以上に電気が好きな学生が減っているみたいえすね。私は大学では無線部でしたが、いつしか放送研究部に変身したようで、アナウンサ志望なのか、「あえいうえおあお…」の活動をしていました。無線機はどこへ…。

完成度の高いハイテク製品が多くなり、その仕組みを考える余地のないのも、興味をそそらない原因なのかもしれないですね。

貴殿のような方が貴重ですので、頑張って続けてください。きっと社会は貴殿のような人材を探していますョ。

あと10年後かな

輝新井
どんなに先端技術があっても
あらゆるメーカは とにもかくにも 注文されたものを納品しなければなりません。
作れといわれたら作る。
運べと言われたら運ぶ。

近頃の学生は何も知らなくなってきてるのでは。

汗をかくことも嫌い
汚れることも嫌い

だが
日本と離れた朝鮮の話をしようか
朝鮮では 日韓併合までは
儒教の影響で
物作り=穢れた仕事とされてきた。

信じられますか?
いまは日本に追いつこうとしてますけどね。

モノマネごっこが終わったときの韓国は怖いでしょうな

無力化された日本の物づくりが おもちゃ箱をひっくり返したかのような騒ぎではなく。

政権交代で民主党が握った政権のせいで、
日本人は朝鮮半島人の奴隷となるでしょうね。

あと10年後かな

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。