スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

検索上位表示はうちにとっては死活問題なんです

大袈裟な…と言われそうですが、うちの店はオンラインのみ。対面販売(実店舗販売)ができないから対面販売以上の信頼を得るために無い知恵を絞っています。

そうはいってもお客様がうちのサイトを見つけてくれないと話が始まらないわけです。毎日500近いキーワードで検索順位の統計を取っていますが、順位が落ちるとユニークユーザーの数が減るのは当たり前で売上も落ちてきます。検索順位がそのまま影響しているのを体感しています。

昨秋からオーバーチュアやアドワーズの広告出稿を止めて資金を違うほうへ回しているのですが、今日はわけのわからんSEO業者が電話してきて、「大量の被リンクの効果は絶大なんですが…」と言ったのを聞いてサヨナラ…ガシャ…こっちは検品とサイトのメンテで忙しいんじゃ!といった感じでした。

要は有料リンク1000とか5000のオススメという内容だったのですが、いまだに半ば詐欺に近いSEO業者が多いのに驚きます。

確かにここのところのyahooのインデックスアップデート(昨日もありましたが)のたびに順位が落ちているのが分かっているので実験サイト・ブログで順位が動かないのでその違いなんかを調べているのですがよくわかりません。cssでdisply:noneにしている箇所がペナルティになっているんじゃないかとか、商品の一覧ページで万年筆とかの単語の出現率が高くなっているのがペナルティになっているとか、スパムサイトからリンクされてるんじゃないのかなどなど…頭の中を色々なことが駆け巡っています。インデックスから消されているわけではないのでまだましなのかもしれませんが。

相反するようにGoogleは安泰で、サイトを触りすぎて二兎をも得ずになったら困る、などと手がつけられないでいます。今日本ではインターネット利用者の60%はYahoo検索を、30%強の人がGoogle検索を使っているそうで、やはりまだまだ欧米と違いYahooを制することが大切なようです。

我が家で運営中:輸入文房具のレクスタイル

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。